PhotoshopとGIMPのコマンド調査

photoshopとGIMPのコマンド調査メモです。見出しがphotoshopの操作、本文がGIMPでの操作になります。

目次

  • 単位の変更
  • 自動カラー補正
  • 自動トーン補正
  • 自動コントラスト
  • 選択範囲の移動

単位の変更

  • 表示画面下部に、表示倍率と単位の変更ができるドロップダウンリストがある。変更するとガイドの単位も変わる。表示画面下部に、表示倍率と単位の変更ができるドロップダウンリストがある。変更するとガイドの単位も変わる。
  • フォントサイズの単位は、ツールオプション内のサイズ入力欄の右にあるドロップダウンリストで変更。フォントサイズの単位は、ツールオプション内のサイズ入力欄の右にあるドロップダウンリストで変更。

自動カラー補正

メニューバー「色」 → 自動補正 → 正規化

自動トーン補正

メニューバー「色」 → 自動補正 → 色強調 + ホワイトバランス

自動コントラスト

Photoshopの「自動コントラスト」は、gimpの「HSV伸長」の方が近い結果が得られます。

  • メニューバー「色」 → 自動補正 → HSV伸長
  • メニューバー「色」 → 自動補正 → コントラスト伸長

選択範囲の移動

状況:背景が透過されていて、オブジェクトがある

  1. レイヤーウィンドウ > 背景をぬいたレイヤーを右クリック >「レイヤーをキャンバスに合わせる」をクリックレイヤーをキャンバスに合わせるをクリック
  2. 移動したいオブジェクトを選択ツールでおおざっぱに囲み、
    メニューバー「選択」 > 「選択範囲のフロート化」選択範囲のフロート化
  3. ツールボックス「移動ツール」で好きな場所に移動 > メニューバー「レイヤー」新しいレイヤーの生成メニューバー「レイヤー」新しいレイヤーの生成

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*