子どもと楽しむ花見

桜の木02

いよいよ花見のピークですがいかがお過ごしですか?
満開情報を見ながらどこがいいか?悩むところですね。
でもこの時期はどこも混雑していて何となく億劫になってしまう。穴場はないか?なんて思ってませんか?
そこで今回は桜を違う視点から子どもと長く楽しむ方法をを紹介します。

花見が楽しめる時期

桜が楽しめる時期は満開の時だけではありません。花の移り変わりを楽しみましょう。

  • つぼみ
  • 咲き始め
  • 満開
  • ほころび

花見の楽しみ方

  • 見あげる
  • 浴びる
  • 拾って集める

花見ポイントを見つけておきましょう。

近所でできるだけよく行く場所の通り道にできるような場所がいいでしょう。
公園や遊歩道があれば尚いいです。

つぼみの時期の楽しみ

私はこの時期が一番ワクワクします。子どもたちも気の先にポツンと何か見つけるとうれしそうです。
近所の桜の木を見に行ってみましょう。

咲き始め時期の楽しみ

一番初めの花もうれしいものです。発見!を楽しみます。さらにこうなるとあちこちで春が見つけられます。
つくし、小さい小花など子どもたちとゆっくり散歩を楽しめます。

満開の時期の楽しみ

この時期はどこも混雑してきますが近所なら自転車で行くのもいいですね。
ゆっくりお弁当食べながらのお花見もいいですがじっとしてるとこの時期はまだ寒いです。サイクリング歩いてお散歩などがおすすめです。
wpid-igp6880.jpeg
また、みんなで空を見上げてみてください。色々な写真を撮ってみるのも面白そうです。(スマホで十分です)
この時運よくきれいなお花が落ちてるかもしれないので袋を忘れずに!
wpid-igp6914.jpeg
木から取らないでくださいね。

ほころびの時期の楽しみ

いよいよ散る時期ですが、あ~今年も終わり。なんてさみしく思わないでください。最後の楽しみは花吹雪と桜の絨毯です。
最高の時です。
ここまでくるとすでに楽しみ尽くした感じですがまだまだ。
wpid-img_20160413_220756.jpg
子どもたちは広い場所が大好きです。ピーク時の混雑もなく広い公園で走り回れます。さらに桜の花びらがたくさん地面を覆います。桜のじゅうたんが楽しめます。
また子供たちは拾ったり集めたりするのが大好きです。袋を持ってたくさん集めてください。色紙に乗せて張ったり絵を作ったり、楽しみ方は自由です。

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*